タコスケが、知った風な口をきくブログあるいは頭の悪さを露呈してみるブログ


by takosuke-21
 かみさん主催、映画好き友の会第11回鑑賞作品。ちなみに9回は「Mr.インクレディブル」、10回は「カンフーハッスル 日本語吹き替え版」。2本ともなかなか良かったですけどね。特に「カンフー~」は特別にこだわりがない限り吹き替えのほうがおすすめ。字幕に煩わされずにアフォな映像美を堪能できる。

 それはさておき。

 久々に快作と出会った。ナイス。超ナイス。ナイスとしか言いようがない。
 言いようがないというより、何かを褒めるためのボキャブラリーが貧困だからだという説が有力だ。日ごろから何でもかんでもけなしてばかりいるのはそのせいであろう。と他人事のように書いてみたけれどもちろん自分のことである。

 話の軸になるのは、日本人と在日朝鮮人の喧嘩と恋。それが何の変哲もない川を中心に展開して行く。もちろん、その川は半島を南北に分断するイムジン河に見立てられているのに違いない。そこで、登場人物たちは愛を告白したり、打ちのめされたり、大乱闘を繰り広げたりする。このあたり、なかなか暗示的な場面が多い。

 主役たちが抱える悶々としたエネルギーは多分あの時代の象徴のようなもので、彼らが見つけた大切なもの、守るべきものや生き方のためにそのエネルギーが動き出すことで得られる爽快感がこの作品の醍醐味なのだろうけれど、これがまた、完全にスッキリああよかった、というわけにはいかない。

 なにしろ、現実を見てみれば事態はあの頃と少しも変わっちゃいないからだ。

 南北朝鮮はいまだ統一される様子もないし、日本人と朝鮮人の軋轢もある。世界を見渡しても戦争もなくなってはいない。変わったのは、ソ連がなくなったことと、日本全体からエネルギッシュさが失われていることくらいか。

 この作品のキャッチフレーズである「世界は、愛で変えられる。」の「愛」というのは思うに、「恋愛」であり誰もが平和に暮らせればいいと思う「人類愛」であり、ダジャレになるが、社会全体がもつ「気合い」、エネルギーなのではなかろうか。エンディングテーマの「あの素晴らしい愛をもう一度」というのは、つまりそういうメッセージのように思える。
 
[PR]
# by takosuke-21 | 2005-02-17 22:29 | 映画(ネタバレ含)

電車男映画化・・・

2ちゃんで話題の実話「電車男」が映画化

 失敗したらデビルマン以上のお祭りになるかと思われますが。
 
主役の「電車男」「エルメス」ら出演者は未定4月から撮影を開始し、6月に公開の予定だ。

 大丈夫なのか? いろんな意味で。
[PR]
# by takosuke-21 | 2005-02-09 00:46 | 映画(ネタバレ含)
 今年はこれが2本目の新作である。

 予告編を観て興味がわいていたのだけれど、おすぎがCMしているのを見てかなり萎えていた。んが、それで観に行くのをやめるのも負けという気がして、がんばって観に行ってみた。

 勝敗は判断しかねるが、やっぱりやられた。

 まったくもって下手くそな映画である。
 はい、おまえはいったい何様だと思ったあなた、もちろん僕が作ったらはるかにひどい作品が出来上がる事くらい、承知の上で言っている。

 ミュージカル映画なのに映像に音楽性が感じられない。歌劇ではなく登場人物が歌っているだけでしかない、と言えばこの気持ちが伝わるだろうか。もう一つ言えば、画面からの情報が多いと言うか、乱雑だと言うか、何を映したいのかわからないカットが多く、視点が定まらないために音楽に集中できない。ついでにその音楽もアレンジがうるさく感じられた。

 だがしかし、ヒロインが出てくると否応無しに視点が定まり集中力も増す。
 その歌声じゃなくて胸元に。

 当時としては当たり前だったのかどうかは分からないが、ドレスの胸元の開き具合に気合いが入っている。文字通り「これ見よがし」といった具合である。どうしたってそこを見ないわけにはいかないではないか。
 圧巻なのは雪がちらつく中に父親の墓を訪ねてゆくシーン。心情を歌いながら墓場を歩いているのだが、これがまた黒いドレスに白い肌がよく映えていらっしゃる。おかげでさっぱり字幕が読めなかった。
 ちなみにかみさんも同様に胸元に気を取られていたようである。たぶん他の観客もそうだったはずだ。

 なんだかんだ書いたけれど、終盤の劇中にファントムが乱入してきてヒロインと心を通じ合わせるシーンなんかは官能的でなかなかいいシーンだと思うし、最後にはファントムに同情したし切ない気持ちにもなった。決してつまらない映画ではない。ヘタクソなだけである。
[PR]
# by takosuke-21 | 2005-02-09 00:23 | 映画(ネタバレ含)

議論を続けよ

<特定外来生物>規制する第一陣に37種指定 環境省が選定

 民主主義の根幹を揺るがす出来事、と言ったら大げさだろうか。
 官民の議論続行が決まったこと、つまり議論中の事項に大臣が一人で結論を出してしまった。今まで業界を挙げて話し合われてきたことや、パブリックコメントを募集したのはなんだったのか。

 同省が国民の意見を聞いた後、閣議で決定され、6月までに予定される同法施行時から適用される。

 と言われてもさっぱり説得力に欠ける。(ちなみにろくに取材もせずにバス害魚論を垂れ流している朝日新聞は小池百合子環境相が「鶴の一声」を発する前日くらいに「大臣がリーダーシップを発揮して指定を決めちゃいなさい」という内容の社説を出している。おまえら、別件で同じことやったら絶対に批判するだろうに)

 たしかに生態系に関わることだから、あまり長々と話し合っているべきでもない。ただ、無用な干潟やらダムやらを作り続けているお国が「生態系を守れ」だなんて片腹痛いのだ。バス釣り愛好家としてはさっぱり協力してやる気になれないのである。

 2月から再びパブリックコメントの募集をするらしい。前回パブリックコメントの存在を知ったのは締め切りの三日前だった。今度こそ投稿してやる。 

 
[PR]
# by takosuke-21 | 2005-01-31 12:53 | ブラックバスによろしく
米・ポルノ女王の「あえぎ声」を携帯の着信音に | Excite エキサイト

 そのうち「セクハラ着信音訴訟」が起こるほうに100ガバス。

 着信音ではないし、ましてやあえぎ声でもないけれど、我が愛車ミニのナビは増山江威子さんの声で案内してくれる。つまり不仁子ちゃんが迷える僕を目的地までセクシーに導いてくれるのである。
 たとえば、
「もうどこ触ってるの? この先の交差点を右よ。右に曲がってお願い」
 がんばって曲がると、
「あなたって上手ね。続いて左よ。左が好きなの」
 気合入れて左折すると、
「この先300メートルで高速の入り口よ。い・り・ぐ・ち」
 といた具合に案内してくれる。ここ数年使っていないので正確なところは忘れてしまったけれど、内容的にはこんな感じの音声が車内に充満するわけだ。女性を乗せたときは慌てて設定をノーマルに戻したものである。

 僕や友人たちを爆笑と興奮の坩堝に巻き込んだ「ミニ不仁子」。このアフォな機能のために専用CDチェンジャーと専用CDが必要だった。出費は約7万円くらいだったと記憶している。

 明らかに金の使い方を間違っている。若かったなぁ・・・。
[PR]
# by takosuke-21 | 2005-01-29 01:40 | 雑文