タコスケが、知った風な口をきくブログあるいは頭の悪さを露呈してみるブログ


by takosuke-21

<   2003年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 つまらないとは言わないけれど・・・。
 面白くないとも言わないけれど・・・。

 僕が持った印象を一言で表すと「同人作品」。なんつーか、プロの脚本じゃねーよ。

 今回の敵役(?)になるのは真矢みき扮する沖田管理官。所轄の刑事は補充がきくから怪我をしようが死んでしまおうがかまわない、窃盗も婦女暴行も所轄でおきた事件はすべてどうでもいい、むしろ捜査なんかしなければいいと言い切り、目の前にある殺人事件のみに没頭します。結果的にほとんどの手がかりを見逃してしまう、湾岸署史上最悪の管理官なわけなのですが、彼女に全くもってパーソナリティーが感じられないのです。どうしてそこまで所轄の刑事の人権を(さらには事件に巻き込まれた一般市民の人権も)無視できるのか。どうして女性でありながら婦女暴行なんかどうでもいいと言えてしまうのか。そういった彼女なりの信念について説明がないため、ただ単に差別と偏見と出世欲に満ちた女にしか見えないわけで、類型的な憎まれ役でしかない。すると、思うことはただひとつ。なんで今更こんな管理官を出してきたのさ。
 今まで散々こんな話はやってきたわけじゃないですか。5年たってもまだ同じことやるのかよ、と。所轄万歳、現場万歳はわかった。もっと新しいものを見せてくれよ。
 じゃ、ストーリー展開はどうかというと、事件の背景についてもいまいち説得力に欠けるし、犯人像を割り出す過程もダメすぎ。二つの殺人現場にあった共通の遺留品を見逃すってのは、いったいどういうことなんでしょう。気づくだろ、洋梨なんか置いてあったら。リーダーのいる組織はリーダーのいない組織に勝てない、ってのもよくわからん。あいつら5人しかいないのに右手のやってることを左手が知らなかったじゃないですか。警察と変わんねぇじゃねーか。っつーか、遺留品に隠したメッセージがあんな駄洒落じゃ、そりゃお前らリストラされるわな(笑)

 終始こんなお話ですから、青島君をはじめ湾岸署の面々が犯人よりも署長の不倫相手の方が気になっている、ってのはよくわかります。

 ドラマ、スペシャル版、映画という積み重ねの中で培ってきたキャラクター性とネタでもってます、この作品。一見さんお断り。湾岸署に新設された自動販売機や相変わらず缶コーヒーを開けられない和久さんを見て喜びましょう(笑) ついでに言うとそういうのを前面に押し出しすぎてお洒落じゃない。話題になっていたから、なんて理由で観たらひどい目にあいますぜ。

 それとも、アレか? もっと違う楽しみ方があるのか? 僕が気づいてないだけなのか?
[PR]
by takosuke-21 | 2003-07-24 00:00 | 映画(ネタバレ含)